Hatena::Groupjapanesemonsters

SRKウルトラストリートファイター4チェンジログ

最近更新のページ

1. 2017-07-23 05:52:32
iPASTIST の格

SRKウルトラストリートファイター4チェンジログ

※更新中

Capcom Drops Full Change List for Ultra Street Fighter IV’s Console Release | Shoryuken の翻訳記事です。太字は 1.01 で新たに追加される部分、抹消線部は 1.01 で削除された部分です。

この記事は間違っている可能性があります!

間違っていた時の影響を考えて、はてなの捨てアカウントを作れば誰でも即座に訂正できるように、ここキーワードのほうに記事をうつしました。

捨てメアドではてなのアカウントを作り、この Japanesemonsters グループに入会して、この記事の見出しのわきにある「編集」をクリックすれば誰でも修正できると思います。そのあとで退会。

もちろん、ブログのコメント欄Twitter でアドバイスをいただいても対処できます。

アベル

    • 近距離立ち強パンチの 1 発目の判定を下方向に大きく拡大。
    • しゃがみ強パンチの 2 発目の判定を下方向に大きく拡大。
    • 遠距離立ち強キックの発生を 1 フレーム早く(14F -> 13F)。攻撃判定の持続を長く(2F -> 3F)。戻りを 1 フレーム短く。
    • スカイフォールの持続を 1 フレーム長く(2F -> 3F)。上半身無敵のフレームを 1 長く(1F -> 2F)
    • EX チェンジオブディレクションの発生を 3 フレーム早く(16F -> 13F)。
    • セカンドローのヒット時有利フレームを 4 フレーム拡大(+1F -> +5F)。
    • フィニッシュローの発生を 5 フレーム早く(22F -> 17F)。
    • 無心(スパコン)の持続を 2 フレーム拡張(2F -> 4F)。
    • 無我(UC1)の 押し当たり判定(pushbox)を上方向に大きく拡大、画面端においてしゃがみ強パンチのあと下をくぐってしまうことがないように。

アドン

    • 近距離立ち強キックの攻撃判定を横方向および上方向にわずかに拡大。
    • しゃがみ弱パンチのヒット時、有利フレームを 1 フレーム拡大 (+5F -> 6F)
    • ジャガークランチ(6 +中 P)を立っている相手に当てた際、有利フレームを 1 フレーム縮小(+4F -> +3F)
    • 弱ライジングジャガーの 2 ヒット目が地上の相手にヒットした場合、上に高く、横にわずかに浮くように。画面端での追撃が容易に。
    • 弱、中、そして強のライジングジャガーをガードされた時に EX セービングキャンセル前方ダッシュで -5F に。
    • 弱、中ジャガーキックのダメージを 10 減少(130 -> 120)、空中の相手にヒットした場合はさらに 40 減少(130 -> 90)、削りダメージを 33 に。
    • 強ジャガーキックのダメージを 10 減少(130 -> 120)、空中の相手にヒットした場合はさらに 20 減少(120 -> 100)、削りダメージを 30 に。頂点の攻撃判定をわずかに縮小。
    • 中と強の空中ジャガーキックをガードされた時、不利フレームを拡大(最低空で -2Fに)。
    • すべてのジャガーキックの削りダメージを半分に。
    • EX 空中ジャガーキックの 2 ヒット目を中段に。
    • ジャガーリボルバー(UC1)の 2 ヒット以降の前進距離をわずかに短く、密着した相手にもつながりやすく。ダメージを 30 減少(510 -> 480)、初段の持続を 1 フレーム短く(7F -> 6F)。

豪鬼

    • 近距離立ち中キックに強制立たせ効果。発生フレームを 1 フレーム早く(5F -> 4F)。攻撃判定を下に拡大。近距離の定義を拡大解釈し、わずかに敵が遠くとも使えるように。
    • 遠距離強パンチを必殺技、 EX セービング、 EX レッドセービングでキャンセル可能に。ダメージを 30 減少(120 -> 90)。
    • しゃがみ強キックをキャンセルしての瞬獄殺(UC1)発動を不可能に。
    • EX 灼熱波動拳の発生を 6F 早く(25F -> 19F)。
    • 弱竜巻斬空脚の攻撃判定を下方向に拡大。
    • すべてのバックジャンプ斬空波動拳のもどりを 2F 拡大。
    • 弱、中、そして強の百鬼襲から、 EX 斬空波動拳を(EX 百鬼襲と同じように)派生可能に。
    • 中豪昇龍拳の 2 段目をガードされた場合 EX セービングでキャンセル不可能に。
    • 強豪昇龍拳の 2 段目と 3 段目をガードされた場合、 EX セービングでキャンセル不可能に。無敵時間を 1 フレーム減少(6F -> 5F)
    • 弱、中、そして強の豪昇龍拳 -> EX セービングキャンセル -> 前方ダッシュで -5 フレームに。

バイソン(Balrog, ボクサーのほう)

    • 弱ダッシュストレートがヒットした場合の 1 フレーム有利に(-2F -> 1F)
    • 中ダッシュストレートのヒット時、ノックバックを減少。 EX レッドセービングを絡めたコンボが容易に。
    • 弱ダッシュスウィングブローのダメージを 10 減少。スタン値を 30 減少。ヒット時の有利フレームを 10 減少。 (+10F -> 0F)。ガードされた場合の不利フレームを 3 縮小(-5F -> -2F)。タメ時間を 10 フレーム減少(55F -> 45F)。
    • 中ダッシュスウィングブローのヒットした場合の有利フレームを 8 減少(+10F -> 2F)。ガードされた場合の不利フレームを 1 減少(-7F -> -6F)。タメ時間を 5 フレーム減少(55F -> 50F)。
    • ターンパンチのタメ時間が、レベル 2 から 4 までは 2 秒ごとに 1 上昇。
    • ターンパンチ Lv1 のガード硬直を、-2F から ±0 に。
    • ターンパンチ Lv2 のガード硬直差を -5F から -4F に。-5F から -1F に。
      • ヒット硬直差が +1 から ±0 になることへの言及が原文にない。
    • ターンパンチ Lv3 のガード硬直差を -8F から -7F に。-8F から -2F 。ヒット硬直差を -4F から -3F に。-4F から -1F に。
    • ターンパンチ Lv4 のガード硬直差を -12F から -9F に。-12 F から -4F に。ヒット硬直差を -8F から -5F に。-8F から -2F に。
      • ターンパンチの変更は極めてわかりにくい!表にします。
ウル 4 版ターンパンチ 1.00
レベルガードヒット
Lv1±0(+2)
Lv2-1+1
Lv3-2-1
Lv4-4-2
1.01 版、およびコンソールに実装されるであろうターンパンチ
レベルガードヒット
Lv1-2(+2)
Lv2-4±0
Lv3-7-3
Lv4-9-5
参考… AE 2012 のターンパンチ
レベルガードヒット
Lv1-2(+2)
Lv2-5-1
Lv3-8-4
Lv4-12-8
      • ※数字はすべて硬直差フレーム。また、レベル 1 版ヒット時は現状で調整と無関係であるため、カッコでくくりました。
    • バイオレンスバッファロー(UC1)の最終段を P ボタン押しっぱなしでストレートに、 K ボタン押しっぱなしでアッパーに派生。
    • ダーティーブル(UC2)を 63214 * 2 から 2 回転に。投げ成立時の硬直を 10F 縮小(58F -> 48F)。投げ間合いは 1.09 から 1.30 に拡大。ダメージを 149 縮小(399 -> 250)

ブランカ

    • 前方ダッシュの全体フレームが 1 フレーム増加(21F -> 20F)。
    • 近距離立ち中キックの空中判定移行が 1 F はやく(4F から -> 3F から)空中判定のタイミングは 3-4F から 3-5 F に。
    • しゃがみ中キックがヒットした場合の有利フレームを 1 フレーム増加(+4F -> +5F)、ガード、ヒットにかかわらずノックバックの増加
    • 強ローリングアタックがいかなる距離でも相手をダウンさせるように。
    • すべてのバックステップローリングの相手の硬直を 2F 増加
    • すべてのバーチカルローリングのヒット時およびガード時に EX セービングキャンセル可能に。
    • 対空シャウトオブアースの攻撃判定 1 段目が 2 段目と同じに。地上の相手には当たらないように。

C.ヴァイパー

    • 近距離強パンチのダメージが 90 から 100 に。
    • 遠距離立ち強キックのくらい判定をわずかに縮小。 3+ 強 K のコマンドであらゆる距離から出せるように。
    • しゃがみ中キックの攻撃判定を前方にわずかに拡大。
    • しゃがみ強パンチのくらい判定を攻撃判定発生から 2 F 目の腕の部分に付加。スタン値を 50 減少。 (200 -> 150)
    • レベル 1 セービングアタックの発生を 3 フレーム早く。(26F -> 23F)
    • レベル 2 セービングアタックの発生を 3 フレーム早く。(17F -> 14F)
      • 原文ママ。
    • レベル 3 セービングアタックの発生を 2 フレーム早く。(70F -> 68F)
    • セービングアタックの判定をヒジまで縮小
    • 弱、中および EX サンダーナックルのキャンセル硬直部分を -1F 減少(7F -> 6F)
      • 太字になってるのはママ
    • 弱サンダーナックルの攻撃判定をわずかに拡大、スタン値を 50 増加 (150 -> 200)
    • 中サンダーナックルがヒットした場合 EX セービングキャンセルダッシュすると硬直差 +4 フレーム。ダメージを 10 増加(110 -> 120)、スタン値を 50 減少(200 -> 150)
    • 強サンダーナックルをキャンセルした場合のフレームを 1 フレーム増加 (6F -> 7F)に。ガードされて EX セービングキャンセルダッシュで -5F
    • エマージェンシーコンビネーション(スパコン)のダメージを 20 増加(330 -> 350)。コマンドを 236236+P から 214214+P に変更。
    • バーストタイム(UC1)のスモーク演出を減少。
    • バーニングダンス(UC2)の発生を 1 フレーム早く(10F -> 9F)。高度制限を削除。

(以下更新中…)